うりきり屋

色んなところに出掛けたり、食べたり、体験したこと、日々思うことを呟く文字ブログです。

会社に勤めて三年が過ぎた

3月で、会社員になって丸三年がたった。

何か変わったかと言われたら変わったかもしれないし、そんなに変わってないような気もする。

「転職するなら三年たってから」「良いことも悪いことも三年くらい立たないとわからない」そんなことを散々聞いていたせいか、三年勤めたらどれだけ世界が変わるのかと思っていた。

三年勤めたら転職してるかもしれないなー、結婚して辞めるかもしれないなー、色々なことを思っていたものだけど、こうして現在も同じ会社に勤めている。ちゃんと朝起きて、時には残業もして、上司に怒られて、同僚と飲んで、そんな毎日だ。

 

人生において、今の会社に入ったことが大きな人生の転機とも思わないし、この会社に入って良かったとも、悪かったとも、今は思わない。そう思うようになったことが、三年たって一番変わったことかもしれない。

 

誰だって、自分の人生は正解だと思いたい。だから一生懸命自分の仕事を好きになろうとする。この仕事をして本当に良かったと思えることが幸せだと。でも、現実はそうじゃないことを思い知る。上司がうざい、残業が辛い、仕事が面白くない。そういう欲望や不満が一周して、フラットな気持ちになっているのが三年勤めた今である。

 

毎日、やるべきことをやる。感情に流されずに。

 

時にそれは受動的で消極的だと批判されるかもしれないけれど、感情的に仕事をするよりよっぽど建設的なんじゃないかと今は思う。

 

きっと、仕事に対する感情は日々変わって行くものだ。それでいい。