うりきり屋

色んなところに出掛けたり、食べたり、体験したこと、日々思うことを呟く文字ブログです。

フェリーで18時間の旅を記録する

実家に帰省するときに安いのでよくフェリーを使います。

(飛行機の帰省については→飛行機っていいよね。っていう話 - うりきり屋

安いのが一番の魅力なのですが、飛行機で行けば1時間のところを18時間もかかるから、ある意味で贅沢だなあと感じます。

18時間も船の上でなにしてるの?と聞かれることが多いので、ちょっと謎が多いであろう(多分)フェリーの旅を紹介してみようと思います。

ちなみに乗るのは

新日本海フェリー|舞鶴・敦賀・新潟・秋田と北海道を結ぶフェリー航路。

です。航路によって色々勝手が違うと思いますが、乗ったことない人は参考にどうぞ!(今回は8月に乗るときの話です)

 

客層

  • 圧倒的に家族連れ

  • バイク乗ってるカップルやおじさま

  • 必ず一組はいる団体合宿性

やはり安いのが良いのか、5人以上の家族連れが多い!ちびっこたちが走り回るやら泣き叫ぶやら、すごくにぎやかです。飛行機みたいに面倒な荷物検査もないので、ペットとか、田舎で捕まえたであろうカブトムシとか、紙オムツどーんとそのままで持ち込んだりと自由です。

それから車両積めるのもポイントで、ライダーが多い!革ジャン着た渋いおじさまや、ポニーテールのかっこいいお姉さんをよく見かけます。

団体予約もできるので、遠征や合宿に行くような部活生もいっぱい。甲板で素振りをしている高校生を見ながらご飯を食べたこともあります(だって食堂の一部がガラス張りなのよ…)

 

過ごし方

  • とりあえずビール
  • 旅の楽しみに思いを馳せる
  • ひたすら寝る
  • 普段読まない観ない本や映画に夢中
  • いつもと変わらずニコ動ライフ
  • 仕事、宿題終わらねええええ

乗った瞬間にお酒を買う人の何と多いことか!まあでも海見ながらって何かいいよね。

ライダーの人たちは地図やまっぷるを広げて作戦会議をしていたり。

海の上は電波もないしすることないのでよく眠れます。酔い止め薬飲むとさらにダウンが早いです…。

読書人もちらほら。あと船内にビデオシアターがあるので、午後はぶっ通しで映画観たりできます。内容は日によるけど、洋画、邦画、青春モノ、恋愛モノなどバランスよく流している感じです。

船旅慣れている人は乗ってすぐにPCのスイッチオン!電波は途中で途切れますが、2時間くらいならネットやケータイ繋がります。

中学生、高校生は船ではしゃぐ年でもなく、時間を持て余している感じ。漫画、ゲーム、宿題(えらいっっ)に勤しんでます。

 

部屋

  • 雑魚寝
  • 2段ベッド
  • 個室
  • 知らない領域

フェリーは安いと書きましたが、実はピンキリです。

ランクが低い順に、10人くらいで知らない人と肩を並べて寝る雑魚寝部屋。(家族連れが多い)

「青年の家」によくあるような2段ベッド。

個室は完全ではなくてカーテン仕切りですが、一人2畳ほどのスペースに簡易ベッドがあります。

ここまではすべて経験済で(最初は雑魚寝なんて嫌!と思っていたけどすぐ慣れた)それより上のランクは未知です。ホテルの一室のような感じで、カップルや夫婦が多い気がします。もちろん価格も上がります。

 

船旅もけっこう楽しいですよ

私の家族はフェリー乗らない派なので(母が乗り物酔いしやすい)今まで知らなかったのですが、私は船旅けっこう好きです。時間をかける旅もまた素敵だなーと思います。

18時間も何するの?よく聞かれますが、大浴場やレストラン、シアターもあるし、早朝に到着する便なら早めに寝ると思うので、あっという間に着く感覚があります。

ひたすら海を見ているのだって全然ありなんじゃないかと!ちなみに私は読書か、こうやってブログの記事や考え事を書き留めていることが多いです。

 

遠くまで行かないとあまり利用することは無いと思いますが、選択肢の一つにはなると思います!同じ長旅なら電車より楽じゃないかな~。